不要になった中古車を業者に買い取ってもらう

中古車買い取りというのは、不要になった中古車を業者に買い取ってもらうことです。

ディーラーで買い替え時に下取りに出すケースとは異なり、買取り業者を自分で選んで見積もりの申し込みをしたり、交渉する必要がありますが一方で、複数の買取り業者が競合していることもあって、オーナーにとっては良質の業者を見つけて上手に交渉することで、より高額の買い取り額にしてもらえる可能性が高くなります。

中古車を買い取ってもらうときの方法としては、近くの買取り業者に持ち込んだり連絡をするという方法もありますが、近年では複数の買取り業者が登録している一括見積サービスを利用するという方法もあります。
これは、遠方の業者でも車の保管場所まで出張査定に来てくれますので便利ですし、申し込みは簡単な情報を入力するのみ、簡易見積もりの返事がある業者はどこも買取り可能な業者ですので、業者探しの負担も軽減されます。

ただし、出張査定では業者側は早期の契約を希望しますが、その場ですぐに交渉するのではなく、複数の業者に見積もりを出してもらって比較検討してから交渉をしたほうが、より高く買い取ってくれる業者を見つけられます。
簡易見積もりはあくまでもその車両の一般的な価格ですので、傷などの状態から予想よりもかなり低い金額を提示されることもあるためです。
もちろん、その場で契約をする必要もありませんし、契約を断ったからといって出張費を請求される心配もありません。

中古車買い取り
↓↓↓