あの中古車査定と事故車について調べてみた

古い自動車買取りを依頼したときは、一番最初に鑑定を受けることになります。その時の値踏みに関しては買取り業者の査定担当者がおこない、ユースドカー市場の金額などから値段が出されることになります。

普通は中古の車として販売されているプライスの20~30%くらいが売却価格となっているようですが、人気クルマであったり、希少価値のある車などの場合には高い買取額がつくケースもあるみたいです。また、製造年は新しい方がやはり高く売却できます。ただし、そういった査定額はそのくるまが万全な状態のときであって、パーフェクトじゃない時だとマイナスに査定されます。中でも特に修理の跡等はプライスに相当響いてきます。

修理の跡とは言っても定義は微妙なところですが、基本的に自動車の骨組みであるフレームの部分にまで及ぶようなアクシデントを起こしてしまった車は事故車という事となります。このような事故車は将来的になにか悪い影響が出るという危うさがありますので、査定額については短所となるのです。とはいえ、フレームの方にまで影響がなく、ボディを修繕した程度であれば大丈夫なのですが、しかし事故歴が付くことになります。

モチロン修復歴は付く訳ですから良くない害はありますが、事故車よりも低く値踏みされることはありません。他にも、変速機やエンジンなどに面倒が出ているときもマイナスという事で鑑定されますし、普段からの点検整備の状況が買取額に関係してきます。

そのあたりは素人にはちんぷんかんぷんですが、見積もりを行っている買取専業店の方ではちゃんとその辺を見てくるでしょう。

どちらのケースでも修復歴としてはないことがクルマ買取額をアップできるかどうかの分かれ目となります。

Tags: