これが中古車の査定

中古自動車の売買契約時は、まず最初に見積もり査定をしてもらいます。車の型式や年式とで、基本とされる一定レベルでの金額の理解をしておきます。これに比べ更に印象が良くなかったら、見積額を少なくするなどといった流れで処理されていくことでしょう。

標準時の金額については買取業者側で基準となる数値を保持しています。これについてはお店同士のみで出回っているもので、その金額は車の型式やいつのものかということから書かれているのです。とはいっても、このプライスはあくまで基準となる数字なのであり、それだけの意味しか無いといえます。プラスして、その値段よりも高値で買い取って貰えたり、または安い金額で買いたたかれたりする可能性も間違いなくあり得ます。

買取ショップの方にしてみればなるべく安値で買い取りたいわけで、買取店にもよりますがベーシックな買い取り額を差し出したうえで、それ以上にロープライスな方向へ話をつなげようとします。売り手側としてはいくらかでも高い値段で売りたいわけで、このケースでは強引に攻めるのが成功の秘訣です。または、買い受けについての金額が折り合わなかった際は一旦見送りとし、そこで話を中断しておきます。そして別の専門ショップと商談を行うわけです。

ここで仮にプライス的により高値が付いて不満がないなら、前のお店とのやり取りは物別れに終わっても問題はありません。すなわち、売り手が満足できるように交渉を進めていけばイイって訳です。どうしても裂けたい事態は、焦って売却金額を決定してしまい、後で残念な気持ちを残すことです。金額は徹底的に強気で交渉した方が後で悔やまないでしょう。

Tags: