これが車売却とオークションのことを考えてみた

自動車を売り渡す段取りは、一昔前までは自動車販売会社での引き取りと、中古車販売業者に対する売渡が方法として取られていました。次の車を購入予定の自動車販売会社に下取を頼み、新しい車を買う人が以前はそれなりにいましたが、ここ1~2年そうした方法を候補に入れるお客様はあまりいないようです。下取られるのが、どちらかと言えば安くなりやすいことが広く知られてしまったことと、「オークション」に参入するという方式が認識され始めている為です。

中古車メインのオークションがあり、中古自動車販売店や他のディーラーもそこで売買をしている訳です。一般の方は参加ムリですが、代行してくれる業者を使うことで、通常の場合でもご自身の車をオークションを利用して売却というのが出来るようになっております。なお、もう片方のやり方のユーズドカー専門のお店への売渡に関しましては、始めにくるまを見積してもらい、希望の値段を出してもらえたら交渉の成立というわけです。

中古車専門店は、そうやって手に入れた車を自分たちで直して店先で売却したり、Auctionに出品してみたりなどします。どの手立てを選ぶかは人によりますが、どういったことを目指しているかによってベストな選択は違ってきます。なんでもいいからチョットでも高値で引き取って欲しい、というのであったら、オークションの代行専門業者に依頼するのが1番高プライスで売れるのではないかと思います。なのですが安心して販売したい、信頼の置けるお店に買取して頂き、キレイに乗ってくれる人に売却してほしいというのであれば、下取に出すかユースドカー販売店のほうが安心できるでしょう。

代行の方に頼んだら、売れるまでメンテの代金を支払わなくてはいけませんので、売るのに時間がかかると手数料が高くなってしまう危険性があります。中古車専門業者なら買いたい方が現れる前に売却額を受け取ることが可能であるといういい部分があります。

Tags: