そうれ!「中古車買取とリサイクル料」だそうな

所有車を売却する際のやり方といえば下取りと買取りの2つが御座います。下取のケースというのは次の所有車を手に入れるかわり、これ迄の自動車を引き受けて頂くというものです。たいがいは販売会社が引き取りを行うため金額としては割と低くなる場合が多いです。

一方、買い取りのケースは古い車の買い取り専業店がおこなっており、ユーズドカーという名目で売ることを予定に引受けの額を決めるので、どっちかといえば高目の引き受けが望めます。何れにしろ自家用車を売る事であり、売却する前に引き取りプライスを決定するための鑑定が行われます。

査定をしてもらうとして気になるのはリサイクル料となります。自分のクルマの審査で提示されるプライスというのはお車そのものの値段、自家用車に付いてくる自賠責保険とかリサイクル料などを含めた値段の二つの種類がございます。リサイクル料に関しては愛車を入手した場合、若しくは「リサイクル料」が払われてなかった場合ですと車検の時支払いとなるもので、将来的に自分の車のを廃車にして処分する場合に必要になるシュレッダーダスト、フロン類、エアバッグ類等々リサイクルする際のコストということで使用されます。リサイクル料は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けることになり、解体する時JARSから払われるということとなります。

コストは、軽自動車であれば8000円ほど、国産自動車で10000円くらい、外国製自動車などで1万5千円ほど、それ以外で2万円くらいを入金する必要が有ります。大抵のお車引取りであれば、こうした「リサイクル料」を愛車の引き受け値段とは別として買取られるという事になる訳ですが、リサイクルの料金を入れて引き受け価格だというケースも有り、引取りを依頼する場合前もってチェックしておくのが大切な事となります。

Tags: