そうれ!車買取査定方法について

所有車買取りを頼んだ時は、まずは審査を受ける事となります。審査は買取り業者の担当者が行うわけですが、中古車マーケットの金額等から金額がはじき出されることとなります。

普通はユーズドカーということで売りに出されている価格の20~30%程度が買取金額となっているようですが、定評のある車であったり、稀少車種だったりする時には高い値段が出るケースもあるみたいです。他にも、年式が新しい方が高額となります。ただし、そうした買取額はくるまが完全な状態であり、そうではないときは査定は厳しくなります。なかでも特に修復歴などは買取額に大きく関係してきます。

事故の跡といっても定義があいまいですが、基本的にはくるまの本体であるフレームの方にまでダメになるようなアクシデントをしてしまったクルマはこれに当てはまります。こういった修復歴のあるクルマは将来においてなにかマイナスの影響が出現するというリスクがありますので、買取額においてはマイナスになってしまいます。一方で、フレームの方にまで影響がなく、外側を直した位なら大丈夫なのですが、事故歴としてはつきます。

もちろん修復歴が付くわけなので負の被害はありますが、事故車に比べ低く査定されることはございません。ほかにも、エンジンや変速機などに面倒が起きている時もマイナスとして審査されますし、いつもの維持管理の良し悪しが買取額に影響してきます。

そのあたりは傍目には分からない部分ですが、鑑定を行う買取専門ショップはシッカリと状況をチェックしてきます。

どちらにしても修復歴としては無いことが自分のくるまの査定額をアップできるかどうかの分かれ目となります。

Tags: