とうとうです、中古車買取とリサイクル料について調べてみた

自分のクルマのを処分する際の手続きといえば買取と下取りのどちらかが有ります。下取の場合は新しい自動車を買う際、前の中古車を買取していただくというものです。たいがいは新車の販売店が買取をすることになるため売却額としてはどちらかといえば低くなることが多いです。

もう一方の買い取りのケースはユースドカー買取り専門の業者がするもので、中古の車として売る事を予定して買取の価格を決定するので、割と高値の買取が望めます。何れにしても自分の車のを売却することであり、売り払う前に買取り価格を決めるための見積もりがされることとなります。

見積もりをしてもらう場合に気になるのがリサイクル料になります。くるま見積もりで提示されるプライスとしてはユースドカーそのものの額、自分のくるまのについてくるリサイクル料とか自賠責保険などを入れた値段の二種類が存在します。リサイクル料に関しては中古車を購入した場合、又は「リサイクル料」が払われてなかった場合ですと車検の時支払いとなりますので、将来的にマイカーを廃車として解体するケースで必要となるシュレッダーダスト、フロン類、エアバッグ類等をリサイクルする時のコストという名目で使用されます。リサイクル料金は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けておくこととなり、処分する際にJARSから支払されるということとなります。

費用は、軽自動車なら8千円ほど、国産車であれば1万円程、輸入車等だと15000円位、そのほかで2万円ぐらいを納める必要性があったりもします。たいていのユースドカー引受の場合、そういったリサイクル料をクルマの買取りプライスとは別で引取られるということとなるんですが、リサイクルの代金をいれて買取金額としてるケースもあり、見積もりを希望する際に事前に確認しておくのが大事な事となります。

Tags: