ほら、中古車屋さんに車を売る時について

中古車の買取となると、必ずその見積もり査定をおこないます。そのモデルといつのものかによって、基となる通常時の価格の目安を把握します。これよりその上を行くほどコンディションが良くなかったら、見積額を少なくするというような順番でやられていくのです。

一定レベルでの値段のことについては買取業者側で基本となる数字を持っています。こちらはショップ間のみで見られるもので、その額面はその車といつのものかということから示されています。なのですが、あくまでこの額面は基本的な数字であって、その他の意味あいはありません。加えて、その値段よりもより高く買取して頂けたり、もしくはもっと安く買い受けされたりする可能性もどうしても出てくるのです。

買取業者からすれば出来るだけ低価格で引き取りたいですから、業者にもよりますが基本となる買い取り額を指し示した上で、更に低い金額の方へ話を持っていこうとします。売る側からすれば少しでも高く売りたいわけで、この時の交渉としては、したたかに攻めるのがキーポイントとなります。あるいは、引き取りに関する価格が合意できなかった時などは繰り延べし、話を棚上げ状態としておきます。そのあとまた別の専門ショップと交渉を行うわけです。

仮にそこで金額がもっと高額となり満足がいったなら、最初の買取店とのやり取りは決裂したとしても特に問題ないです。言い換えると、売却する側が不満がないように話を進めていけばOKなのです。どうしても回避したいのは、急ぎ足でプライスを結論付けてしまい、あとから悔いるということです。売却額は限りなく強気ないった方が後で悔やまないでしょう。

Tags: