中古自動車の引き上げは割賦払いの終了前だったケースでもオッケーでしょうか?理解しておきましょう

u-carの買い取り専門店に査定をして頂いたのはいいけど、残債を残したままであるなどのこともあるかもしれないですね。こうしたケースでは、その売ろうとする中古の車の名義が自分なのか誰か別な方なのかどうかについてともあれ確認することが必要です。

実際のところ、所有者についてなにを見たら分かるかというと、車検証に記入されたお名前の人が中古の自動車の名義の方ということになります。

お車を買う時点で銀行が提供している割賦払いを組まれた時には、この「車検証」に書かれている名前がアナタの名前になっていると思うのですが、分割払いを契約したのが信販会社である場合だと氏名がそちらの名前となる筈です。クレジット会社で分割払いを組む場合何故こんな形で信販系の会社を所有権者として記載しているかと言えば、その答えとしては月賦が滞納されたときに、すぐにそのお車を担保として確保できるようにするためです。

こんな理由で所有者名義が信販会社にある際はそちらの愛車を自分の都合で売ってしまう事は出来ません。それであっても売却したいなら先にローンを全て終わらせるか、分割払いの組み替えをして所有権を貴方の名前に変更した後で売る必要があります。そうとはいえ実際にそういった手続きができるのは今現在持っているお金がとても多い時に限られてしまいます。では現金があまりないのであればどのようにしたらよろしいのでしょうか。

こういった際は値踏みをおこなって頂いた使用済みの自動車買取店にご相談いただけると、クルマの買値から残りの支払い分を返済し、名義人をご自分の名前にチェンジしてもらうことができるというワケです。手続きの方も全てを買取り業者に任せることができますので安心です。

Tags: