今回はローン中の車売却とのことだけどどうなんでしょう

車買い取りのお店に審査をして頂いたのはいいけど、ローンが完済していない場合もあり得ますよね。そういった場合は、売りたい中古車の持ち主がご自身であるのか、他の人なのかどうかについて最初にチェックしておくことが必要です。

実際、持ち主に関してどの部分を見れば分かるかというと、自動車検査証に載っている名前がくるまの権利者となるのです。

くるまを購入したタイミングで銀行系の割賦払いを設定された場合は、この「車検証」に載っている氏名がご自身のお名前になってるはずですが、ローン支払いを設定されたのが信販会社だった場合だと氏名がクレジット会社の名前になっております。信販系で分割払いを組む場合なぜこのようにその会社を所有権者として登録しているのかと言いますと、その答えとしては月賦が滞納したりしたら、ただちに愛車を担保という形で確保できるようにするためです。

そんな理由によって所有権がローン会社となっている時にはそちらの所有車を好き勝手に売却は出来ないのです。どうあれ売り払いたいならまずは残債を全部完済するかローンの設定し直しをすることで所有権をご本人に変更してから売り払う必要性が出てきます。さりとて実際問題そういった手続きが可能なのはその時のお手持ちのお金が沢山ある時という事になってしまいます。それじゃあ現金がない場合はどうすることがよろしいのでしょうか。

こんなケースでは値踏みをおこなってくれたマイカー買い取りのお店にご相談いただけると、マイカーの売却額から残債分を完済させ、持ち主を自分の姓名に変えていただくことが出来ます。手続きも全部買い取りのお店に任せることが可能なので大丈夫です。

Tags: