今回は車見積りと必要書類のこと

自分のくるまを売却したい場合における方法は下取や買取などの方法がございます。下取りに関しては、おニューの中古車を手に入れた場合には、前の自分の車を引き取って頂けるものです。その車が運転が問題ないクルマであったら価格が望めますが、とてつもなく古すぎる際は逆に処分の為のお金を要求されるケースもあります。

下取りは専門ショップがおこなうという事じゃないので、希望するような価格での買い取りは厳しいかと思いますが、おニューの車と取り替えるような感じで乗り換えすることが可能であるといういい点があります。一方買取はというと、専門でおこなっている車買い取りの専門店にお願いして買取っていただくといったものです。その時期がややこしいなどの短所も有るわけですが、買取をされた自分のクルマは中古自動車として出回るのがもとから前提ですから、わりかし高価譲渡が望めます。

買取、下取どちらのケースでも引き渡す際にはいろいろな書類を先に用意することが求められます。必要書類の種類には車検証と自動車税の納税証明書、自賠責保険証およびリサイクル券があります。さらに印鑑証明書や実印、住民票といったものも必要となります。

引受けの場合には委任状や譲渡証明書等も使うかと思いますが、そのへんは買取ショップにて用意してくれるでしょう。引受けを依頼する方としては、車検証、自動車税納税証明、リサイクル券と自賠責保険証、住民票、実印および印鑑証明書を用意しておきましょう。値踏みの際もそれらに関してはチェックされるので、失くしたときにはもう一度発行していただく必要がございます。

もし紛失の場合でも見積もりだけをしてもらうことはできるのですが、その場で買取りは行えないため査定金額に悪影響が出るでしょう。

Tags: