使用した車の審査についてはローン終了前のケースだったとしてもオッケーでしょうか?当ページで見ていきましょう

使った自動車の買取り業者に評価を頼んだものの、支払いを払いきっていないなどといった場合もあるかもしれません。こうした場合だと、その売却予定の使用ずみの自動車の所有者が自分自身なのか他の人であるのかどうか取りあえず見ておく事が肝心です

実際に、オーナーが誰なのかはどこを見ていけば把握できるのかというと、車検証に書き込まれている氏名がその中古自動車の権利者となるのです。

お車を手に入れた際に銀行等が提供する分割払いを設定した際は、この「自動車検査証」に記載されている氏名が自分のお名前となっていると思うのですが、割賦払いを設定したのがクレジット会社だった際ですとお名前が信販会社の記載となる筈です。信販会社で割賦契約を組む場合どういう理由でこういった形で信販会社を所有権者として記載しているかと言えば、その理由は返済が止まったときに、即お車を差し押さえて確保できるようにするためです。

このような訳で所有者名義が信販会社にある場合はそちらのくるまを自分の都合で売ることは無理なことです。どうあれ売り払いたいなら先ずは返済を完全に完済するか割賦契約の組み替えをして所有権をご自身の氏名に変更してから手続きする必要があります。さりとて実際にこうした手続きができるのは今持っているキャッシュが沢山あるケースになってしまいます。それじゃあ資金が無いケースではどんな方法を取るのが良いのでしょうか。

そうした際は評価をして下さったマイカー買取り業者に相談すれば、中古の自動車の売却の金額から残債分を完済させ、所有者の欄をご本人の名前に変えていただくことができます。手続きも完全に買取ショップに任せることができますので大丈夫です。

Tags: