例の中古車査定とのことだけどどうなんでしょう

古くなった車の買い取りや下取りの際には最初に査定をすることでしょう。この場合の査定とはお客様から買い取りや下取りする時に正当な審査をするための作業であり、その為にはさまざまな人たちから理解されかつ了解された段取りでないと良くありません。

とは言っても、客側からすれば鑑定がどんなふうに実施されているのかきちんと知らなかったり、正当な進め方で実施されているのかは案外知ることが出来ないものですよね。そうだとしても値踏みというのはマイカーの価値を決める大変大事な方法ですから、やり方や考えに種々のものがあれば社会が混乱する理由にもなるわけです。そのようなカオスを生じさせないためにも「日本自動車査定協会」と呼ばれる機関が設立され、「中古自動車査定制度」を用意してる訳です。

「日本自動車査定協会」とは、適正な鑑定が行き渡るように務めている団体であって、消費者が安堵して鑑定に提出でき、そして納得できる結果になるようなシステムを構築する取り組みをしています。具体的な内容的には、例えばまっとうな査定士を育てるために試験をおこなっており、査定協会が実行している学科さらには技能研修を受けて頂き、そうしてから査定士技能検定試験という試験に受かることで一定の技能を保有する査定士としての資格がもらえます。そうした上で査定士として働く為には協会への登録をしなければならなくなり、まっとうな知識や決まり事をもって消費者のクルマの品定めをしていきます。

要は適正な見積もりを行う為の資格を有している者が評価を実施しますので、客側も安心して買い取りまたは下取に出すことが可能となるのです。

Tags: