改めてローン中の車売却だそうな

お車の買い取りのお店に買取査定をしてもらったのはいいけれど、残債を残したままであるという事も考えられます。こうした場合は、売却予定のお車の所有権があなた自身なのか別の人であるのかどうかまずはチェックしておく事が必須です。

本当のところ、所有者が誰かについてなにを見れば分かるかというと、車検証に書かれているお名前の人がクルマのオーナーという事であります。

くるまを買うときに銀行等が提供するローン支払いを組んだ際は、こちらの車検証に載っている名前が自分自身のお名前となっている訳ですが、ローンを組んだのがクレジット会社であった際はお名前がその会社の記載になっている訳です。信販会社で分割払いを組む場合何故こんな風に信販会社を所有者として記載しているかと言えば、その答えとしては毎月の支払いが滞った場合、直ちにお車を差し押さえて確保することを考えているからです。

こんな理由で所有者名義がクレジット会社となっている場合はそのくるまを好きなように売ってしまう事はできません。どうしても売ってしまいたいならまず残債を完全に返済するか割賦契約の組み換えによって所有権を貴方の氏名に変えた上で売却することが必要です。さりとて実際このような手続きが可能なのは現在持っているお金がいっぱいある時という事になってしまいます。じゃあ現金がない方はどのようにするのが望ましいでしょう。

そういった際は評価をおこなっていただいたくるま買い取り専門店にご相談頂けますと、くるまの買値から残りの返済分をまかない、所有権者を貴方自身の姓名に変更して頂くことが可能です。手続きも全てを買取専業店にオマカセできますから問題ありません。

Tags: