話題の中古車の査定について

愛車の買取となると、必ずその見積もり査定を行います。その車と年式とで、基本とされる標準状態のプライスのイメージをしておきます。ここから更に状況が良くなかったら、査定金額を少なくするなどの工程でやられていくこととなります。

普通の状態での価格に関しては中古車ショップの方で目安の数字を保有しています。これは業者間でのみ見られるもので、その額面はその型式やいつのものかということから記されているものです。ではありますが、この金額はあくまでも標準的なものであり、その他の意味あいはございません。加えて、そのプライスよりも高額で買い取られたり、あるいは安い金額で引き取られたりする事だって当然のようにあるわけです。

お店の立場としては出来る限り安く買取したいわけで、その店舗にもよりますが基礎的な買い取りの価格を提示したうえで、それよりもロープライスな方向へ話を持っていこうとします。こちら側の考えではいくらかでもいい条件で売渡したいので、ここでは強引に攻めるのが成功の秘訣です。それか、買い受けについての金額が歩み寄れなかった際は保留とし、話を棚上げ状態としておきます。そののちまた別のお店とネゴシエーション進行させるのです。

そこで仮にプライス的に今まで以上に高値となりうなずけるものだったら、最初の業者との交渉は破談となっても気にしなくて良いです。すなわち、売り手が納得がいくように交渉を進めていけばよいということです。何があっても気を付けてほしいのは、急いで売却金額を決定してしまい、後々残念な気持ちを残すことです。プライスはなんといっても強気でいった方が後悔はしません。”

Tags: