話題沸騰!中古車売却と残債に関して

マイカーの買取店に鑑定を依頼したはいいけど、残債を完済していないこともあるかもしれません。こうした場合は、売却希望の車の持ち主が自分自身なのか誰かほかの人であるかについて最初にチェックすることが必要です。

本当のところ、所有者についてどの辺を見ればいいのかと言えば、「車検証」に記載のあるお名前の方が車のオーナーとなるのです。

愛車を買ったタイミングで銀行が提供しているローンを組んだ場合は、こちらの「自動車検査証」に書かれているお名前がご本人のお名前になっていますが、割賦払いを組んだのが信販会社などの際は名前がローン会社の記載となっています。信販系で分割払いを組む場合なぜこのような形でその会社を所有権者として記載しているかと言えば、それは毎月の支払いが滞ったりしたら、即マイカーを担保という形で確保することを考えている為です。

そういった理由で持ち主名義がクレジット会社にある場合はそのクルマを自分勝手に売ってしまう事は出来ません。どうあっても売却したいのであればまずは返済を完全に終わらせるか、分割払いの設定し直しをすることでオーナーを自分の名前に変えてから手続きする必要があります。ですが、現実問題こうした手続きができるのは現在持っているお金がとても多いケースに限られます。それじゃあキャッシュが無いならどのようにしたらよろしいのでしょうか。

こういった際は評定を行っていただいた自動車買取り業者に相談すれば、お車の買値から残りの返済分をキレイにし、所有者のところをご本人の名前に変更していただくことができるというワケです。手続きについても全部買取ショップに任せることができますので問題ないです。

Tags: